<< 出演依頼お問合せ | メイン | 水戸藩徳川家御用水戸大神楽 >>

ご挨拶

水戸藩徳川家御用神楽の継承者として

水戸大神楽 総本家15代家元 柳貴家 勝蔵 (やなぎや かつぞう)

 水戸大神楽 総本家 柳貴家勝蔵 社中は 「水戸市 無形民俗文化財」及び「茨城県 無形民俗文化財」に指定されております。

aoi-2

 

私は現在、水戸藩徳川家御用神楽・総本家の15代目家元として、水戸大神楽の伝統を守っております。


伝統芸能といいましても、職業としてその歴史や伝統および芸能を守るのは大変です。まず大神楽の芸能である技術を身につけなければなりません。これは毎日数時間練習をして(切磋琢磨しながら)おぼえます。

総てがそうだと言うわけではありませんが,昔は「苦労は買ってでもしろ」といいましたが、「苦労は売ってでもしない」というのが現代の風潮です。

そういうわけで全国に分布していた大神楽も、跡継ぎの方達がサラリーマンになってしまい次々に廃業してしまいました。現在では水戸、伊勢、出雲、東京に数組 あるだけという現状です(山形や会津の大神楽は正統な社中は無くなってしまいました)。大神楽とは違いますがあの有名な新潟の角兵衛獅子も、笛を吹く人などが亡くなり、きちんとした囃しができないという事です。一度無くなった専業者による伝統芸能を復活させるのは不可能です。

伊勢大神楽や江戸太神楽と水戸大神楽の違いは、一言で言えば「芸能演目の多さ」であると思います。

水戸大神楽の芸能を守り次代に継承していくには芸を身につける苦労や経済的な問題もあるわけで,芸を覚えながら後継者を育成し、生活を保証するのは並大抵ではありません。

大神楽は庶民とともに歩み、無事息災、家運繁栄などの幸福を願うものです。私は庶民とともに生き続ける民俗芸能として水戸大神楽のすばらしさを伝承していきたいと思っております。

私に大神楽の将来を託した先代親方たちのためにも、三百有余年の歴史をもつ水戸藩徳川家御用神楽の継承者として、伝統の護持、発展、継承は、私の人生を賭けての使命として頑張る所存でおりますので、何卒相変わりませぬ御贔屓、お引き立てのほどをお願い申し上げまして御挨拶とさせて頂きます。

カテゴリー:001ご挨拶